あざ・太田母斑(おおたぼはん)Dr.とねがわによる光線治療の治療過程 

愛知県名古屋市からお越しの野室さん(26歳)

あざ・太田母斑(おおたぼはん)の症例写真です。

これは光線治療を開始する前の状態の写真です。

あざ太田母斑Ms.nomuro_before.gif

このしみは太田母斑といいます 正確に言うと「両側性遅発性太田母斑用様色素斑」といいます

なんだか長ったらしい名前ですが読んで字のごとくで お顔の両側に遅発性(20歳を過ぎてから)できる太田母斑のような色素班(しみ)という意味です。

いわゆる太田母斑とはこれとは別物で 生まれつき見られる顔の半側にできる青黒いあざのことです。

このしみは20歳を過ぎてから 顔の両側にできるので 太田母斑とは区別がつけられます。

実はこのシミの方は意外と多いです。

このしみはきちんと診断をつけて正しい治療をすればほとんどの方はきれいになります
治療法が確立されたシミです。

この方と同じようなシミでお悩みの方は 私に一度ご相談ください。

 

今回、野室さんにご協力をただいて、数ヶ月にわたる太田母斑(おおたぼはん)治療の改善行程をご紹介していこうと思います。

 野室さんは、10年以上このシミでお悩みで、5年ほど前になるそうですが本気でに治したくて治療を考えたそうですが、仕事のあいまに治療をして行けそうもなく、そのときはあきらめてしまい、そのまま時が経過てしまったようです。

その後出産を経験し、気になっていたシミが以前からにも増して濃くなり、今度こそはと地元名古屋地区や大阪地区で悩みのシミが治せるクリニックを、半年間こまめにインターネットで調べた末、当クリニックのホームページにたどり着いたようです。

その後はパソコンにかぶりつくほど、何度も何度も内容を確認しながら悩み、治療を決断し予約を入れお越しになったという経緯のようです。

ご主人やお友達にも協力してもらいながら、深夜の高速道路割引を利用し5時間をかけパーキングで休憩しながら通って来ていただいているそうで、大変でしょうが交通費を削る賢い通い方ですね。

余談ですが、新幹線や飛行機で京都・大阪・兵庫や北海道など、遠方よりお越しになる方は元々多いのですが、最近は深夜バスでお越しになる方も増えてきました。どうやら、高速バスの本数も増えて便利で利用しやすくなっているようですね。

 母斑とはシミというよりあざになりますので、治療はそう簡単ではありません。かえって濃くなってしまうケースもありますので、正しい治療が絶対条件です。

これから数ヶ月にわたる治療を開始しますが、遠いながらも無理をせず安全運転でお越しくださいね。

 

 サイトトップはこちら

▲このページのトップに戻る