アトピー性皮膚炎色素沈着の改善治療 フラッシュ光線レーザー療法

ここのところアトピー性皮膚炎の色素沈着治療を希望する患者さんが増えています。

患者さんの多くは小さいころもしくは思春期にアトピー性皮膚炎を患い、大人になってもアトピー性皮膚炎の炎症後色素沈着による皮膚の黒ずみに悩んでいるというケースです。

色素沈着でお悩みの部位は、お顔をはじめ、首、デコルテ、腕、ひじ裏、ワキ、下腿(特ににひざ下)、ひざ裏、臀部(お尻)、大腿上部(太もも上部)などに及びます。

 

受診される患者さんの部位ごとの主な状態を明記します。

お顔、(アトピー)炎症後色素沈着】 

・お顔の皮膚全体がカサカ。ほぼ常に乾燥状態で皮がポロポロとむけている 。

・お風呂に入ったり暑い季節などに軽度のかゆみがある。

・汗をかいたり蒸れたりすると多少かゆくなる。

・ほほを中心に全体的に赤みがある。顔全体の皮膚が黒くくすんでいる。

アトピー色素沈着治療1.jpg

                  before                                       after

 アトピー色素沈着治療2.jpg

                  before                                       after

★フラッシュ光線レーザー療法アトピー色素沈着バージョンで8回目の治療前の症例写真です。

赤みと色素沈着がだいぶおさまってきました。ご本人もかなりの実感があるようです。乾燥状態も改善されつつあり、乾燥していた状態を忘れるほどだと言います。状態は安定しています。ここまでくれば失われていた角質の保湿能力も改善したといってもよいでしょう。肌のかさかさは角質層の保湿能力の低下(皮脂膜、NMF:天然保湿因子、細胞間皮質の機能低下)より発生しますので、フラッシュ光線レーザー療法アトピー色素沈着治療はこれらの機能改善にも寄与したことになります。

アトピー色素沈着治療3.jpg 

                 before                                  after  

 アトピー炎症後色素沈着治療 Dr,とねがわの高輪美肌クリニック トップへ 

▲このページのトップに戻る