くまとは

くまとは? 

くま(目の下のクマ)を気にする方は多いですね。

しかしながら、このくまという言葉、医学用語ではありません。
実は医学用語で目の下のくまに当たる言葉はないのです。

 というのも、いわゆる くま とは、ひとつの状態、疾患ではなく、いくつかの症状、状態の総称だからです。  

くまには大きく分けて3種類あります

1、黒くま(茶くま)

目の下が黒く(または茶色く)色素沈着しているくまですね。医学的には顔面色素沈着症ですね。


2、たるみくま(影くま)

目の下の皮膚がたるんで、影ができているくまです。
老けて見えます。
医学的にはこの状態のことを、baggy eyeと言います。


3、青くま

目の下の皮膚の血流不全で血液が目の下の皮膚にうっ滞した状態で、青黒く見えるくまですね。
医学的には静脈還流不全でしょうかね。

治療法は1〜3によって違ってきます
順を追って、症例写真を使って説明します。
若い方に多い黒クマ、今まではなかなか治療手段がありませんでした。
I2PLフラッシュ光線なら、カサブタもできません。治療後すぐにお化粧も可能です。
これは黒クマですね。色素沈着ですから、I2PL治療がいいです。
くま1.jpg



目の下が黒いと、人相が悪く見えるだけでなく、老けて見えますから、できたら治療したいですね。
これも黒クマですね。黒くま治療は、フラッシュ系の治療が効果的ですが、症例によっては、Qスイッチレーザーが有効な場合もあります。レーザーが有効な例は、遅発性両側性太田母斑と言われるしみの場合です。後天性真皮メラノサイトーシスとも言います。
いわゆる大田母斑とは違いますので注意してください。
ちなみに、この症例写真は両側性太田母斑の症例じゃないですよ。いわゆるクマのI2PL治療の症例写真です。
くま2.jpg

たるみくま(バギーアイ)の治療です。

たるみくまの治療は、一般的には目の下を切開して、皮膚を切り取ったり、脂肪を抜いたりする外科的治療が行われることが多いですが、手術を好まない人は、フラッシュ+ヒアルロン酸注入で手術並みの効果が期待できますね。
くま3.jpg

青くまは目の下の皮膚のい血流不全です。
静脈血の戻りが悪いために、皮膚に静脈血の青色が透けて見えるから、青くまになるわけです。
青くまの治療はDr.とねがわのフラッシュI2PLが有効です。
涙袋(目の下のふくらみ)を作ることも可能です。

くま4.jpg

切らずに治すくま治療 Dr.とねがわのサイトトップへ
▲このページのトップに戻る