小さいころからのソバカスで悩む15歳中学生の症例写真

小さいころからのソバカスで悩む15歳中学生の症例写真

そばかす 正面.jpg

         Before                    After

そばかす hidari.jpg

         Before                    After

主訴:小さいころからのそばかす

治療:I2PLフラッシュ光線レーザー療法そばかすバージョン

治療回数:7回

治療期間:10ヶ月

10か月前にお母さんとやってきたそ ばかすで悩む15歳中学生の女の子の症例写真です。当院ではそばかすやニキビなどでお悩みのお子さんをお持ちのお母さんやお父さんが親子でご来院し、診察を希望するケースが多くあります。とかく大人から見ると子供のシミそばかすなどは「大したことではない」と、軽視されがちのようにも思います。子供さんのそばかすなどお悩みの際には親子一緒にご来院いただき、十分な時間をかけてお話しをするのですが、このときにこちらからの質問に対して本人から出てくる答えを聞いて子供さんの悩みの大きさに驚く親御さんが実に多いのです。そばかすに悩む子供さん本人は言いたくても言えなかったのでしょう。ご来院されたということはだいぶ大きな進展だと思いますが、正直なところ親御さんがもっと早く気付いてあげてほしいとも、たびたび思ったりもします。カウンセリン中に涙を流すお子さんもいるほどですから。ともあれ、この中学生の女の子のように親御さんと無事に来院しそばかす治療を開始した場合、そばかすの解消はほぼ確実なものになるのと同時に、さらに良いことに親子の関係も向上したというお話もよく耳にします。

そばかす 右.jpg

小学生・中学生のそばかす治療 高輪美肌クリニックTOPページへ

 

顔中に広がるシミに対するI1PLフラッシュ光線治療 60代女性

顔中に広がるシミに対するI2PLフラッシュ光線治療 60代女性

(最終治療のあと1年後の症例写真)

しみ 顔中.jpg

主訴:顔中に広がるシミ

症状:日光性色素斑、老人斑、くすみ

治療:I2PLフラッシュ光線レーザー療法

 治療回数10回+メンテ5回

 顔中に広がるシミに悩み来院された60代の患者さんの症例写真です。治療の結果は大変すばらしい結果となりました。
シミというのは皮膚の色素の局所的な増量なので、シミ治療とはこの増量された色素をいかにもとの皮膚の色に戻すか、という行為になります。しかし、全く同じパターンのシミはだれ一人としていなく、治療前および治療期間中、どの部分がどの疾患であるかを確実に判断しながら治療を進める必要があります。そのうえで、ご本人のご希望を考慮しながら適切な治療法を組み立てていくのです。それぞれの疾患に対する治療はどんな場合も均一でいいというわけではありません。ある治療法が有効なシミと、無効な治療があるので、この判断がシミ治療におけるもっとも重要なポイントとなります。

 

 

TOPへ

 

 

しみ 日光性色素斑 I2PLフラッシュレーザー光線治療体験談

【しみ 日光性色素斑 I2PLフラッシュレーザー光線治療症例写真・体験レポート

東京都目黒区Nさん60代女性

症状:しみ くすみ 毛穴色素沈着 老人性色素班

治療方法:Dr.とねがわ I2PLフラッシュレーザー光線療法

治療回数 :9回

 しみ2 500東京60代左.jpg

 

 

 

しみ治療体験レポート1 500東京60代.jpg

しみ 500東京60代右.jpg

治療前のお悩みは?
・ しみを隠すための化粧に時間がかかりました。
・ アルコール類を飲んだ後はその部分が血流の関係なのか皮膚の色が
  光沢帯びた青色に変色するのが非常に嫌でした。
・ 旅行していてお風呂上がりもコンシーラーでカバーしなければならず
  面倒でした。

気になる部分は?
左目下あたりと左頬上あたりのしみ

来院のきっかけは?
インターネットです。

初回の感想は?
高額ですが信頼出来るかなと思いました。隠れじみなども見つかり。


初回の治療後は?
痛みは覚悟していたので大丈夫でした。治療時間は丁寧に適切に施術して下さったと
思います。顔なだけに早く済ませられるのも手抜きのようで心配、余り長くても心配。 
しみと肌の変化はめざましくとても嬉しく思いました。洗顔などの手入れは丁寧にしますが
化粧その物は簡単に済ませられ愉しくなりました。

2回目の治療後の感想は?
初回で取れなかったしみ部分も薄くなり顔が明るくなった感があります。
すみません・・あとは忘れました。でもまだ人生長いのだから実行した価値はありと確信しています。

しみ1 500東京60代.jpg

大きな変化を感じた時期は?
実は泳ぐ時は化粧を全部落としてからの中に入りますがしみ部分が目立つのが嫌で
コンシーラー等で今まではしみを隠していました。でもゴーグルを目もとに着けるのでそれを付け直したり
するとずれたり擦ったりしてシミ部分が露呈されてしまうのが大変嫌でした。でも今はそんな事は
無く気持ちが楽になりました。ビールも楽しく飲んでいます。
 
 

サイトトップへ

そばかす治療1回後の症例写真 I2PLスラッシュレーザー光線療法そばかす治療

【そばかす治療1回後の症例写真 15歳女の子】

症状: そばかす(雀卵斑)

治療方法:I2PLスラッシュレーザー光線療法そばかすバージョン

治療回数:1回(治療途中)

そばかす治療15歳1回右.jpg

     治療前                      1回治療 1ヶ月後(治療途中)

お母さんと一緒に来院した15歳の女の子の治療一回一ヶ月後の写真です。

お母さんのお話によると、この女の子は小学校に入ったころから小さなそばかすが多数あったといいます。

中学生になってからそばかすが濃くなるばかり。本人も友達からいつもそばかすを見られているようで、いつも顔が下向き気味、友達と目を合わせて話ができないと訴えていました。お話をしてみると、野外スポーツクラブに入っているとのことです。

ほとんどの方と同様、はじめて来院されたその日に治療を希望され、早速、I2PLフラッシュレーザー光線による治療を行ってみると、ご覧のように1回の治療で非常に良い治療効果が得られました。

 そばかす治療15歳1回左.jpg

あと2回も治療すると表層のそばかすはだいぶ薄くなると予想されます。5回の施術で深部のそばかすも良くなるでしょう。

そばかす治療はトランサミン(トラネキサム酸)内服を併用するとより効果が期待できますが、15歳ということもあり今回はI2PLフラッシュレーザーのみの治療としました。

 

ソバカスは悪化してから治療するのと、早期に治療するのでは良くなるまでの期間が異なります。放置すればするほど日焼け等の影響が加わりそばかす症状が増悪します。思春期のそばかすの悩みは大人にはわからないくらい辛いものです。そばかすが原因で引きこもる子も少なくありません。小さいころに治療してあげる意味は大きいといえますね。

 

そばかす治療 Dr,とねがわのサイトトップへ

しみソバカスとニキビ、ニキビあとの合併症 I2PLフラッシュレーザーで治療

【しみ・ソバカスとニキビ、ニキビあと、脂漏性皮膚炎の合併症】

東京都30代女性

症状:そばかす、ニキビ、ニキビ痕、色素沈着

治療方法:I2PLフラッシュレーザー光線療法そばかすニキビ痕治療

東京都豊島区30代女性しみかんぱん正面.jpg

お悩みが大変多い状態で初めて来院されました。

そのお悩みの内容はといいますと

@ニキビ、ニキビ痕 Aしみ、Bそばかす、C毛穴の開き、Dしわ

中学ころからニキビが増え始め、それ以来できては治まり、治まったと思うとまだ出る気といった具合。ご本人いわく「10年以上ニキビに悩まされ続けてもう我慢できない」と。

来院する2か月前から一気にニキビが増えと同時に気になっていたそばかすを治したくて治療できるクリニックを調べたそうです。ニキビ、そばかす治療でインターネット検索し、ニキビ、ニキビ痕、シミ、そばかすも一緒に治療ができるというI2PLフラッシュレーザー療法を知ったそうです。

東京都豊島区30代女性しみかんぱん.jpg

この方の症状はお悩みが多いだけありニキビ、ニキビ痕はもちろん紫外線対策をまったくといっていいほど行っていなかったようで、真皮層にまでご本人がそばかすと表現する色素沈着が見られました。

しかも、長期間日常紫外線を無防備に浴びていたために常に炎症を繰り返し、ニキビ肌の方に多くみられる脂漏(皮脂過剰)の影響とともに肌が赤らむ症状(脂漏性皮膚炎)を発症していました。

さらには、ご本人のお悩みにあります「毛穴の開き」。これも明確に確認できました。

東京都豊島区30代女性しみかんぱん右.jpg

ご覧のようにI2PLフラッシュレーザー光線療法、治療回数7回でずいぶんと改善されました。

この方のようにお悩みが複合的に重なっている場合はI2PLフラッシュレーザー光線療法が特に有効です。ひとつひとつの症状を別々に治療していたら費用も期間も大変なことになります。

 

サイトトップへ

しみ そばかす フラッシュ光線治療

しみ そばかす フラッシュ光線治療

埼玉県三郷市 城津さん 29歳

 しみそばかす治療MsShirotsuとねがわ.gif

しみそばかす治療右側MsShirotsuとねがわ.gif

しみそばかす治療左側MsShirotsuとねがわ.gif

サイトトップへ

【東京都三鷹市田原さん30歳】かんぱん・そばかす治療体験談

そばかず治療1クールMsTahara.gif 


かんぱん田原さん1.jpg
かんぱん田原さん2.jpg
コメント
ご来院時の田原さんの頬にはご本人がおっしゃるように肝斑(かんぱん)、シミがひろがっていました。ご自分では小さいことからそばかすがあったので、まあしょうがないな、治らないんだろうな、と思ってきたそうです。当クリニックには田原さんと同じような想いを長年抱いてきた患者さんが多くお越しになります。肌診断や相談、カウンセリングを経験し始めて改善するということを確信することが多いようです。
続いて症状と治療につていですが、
田原さんの肌のように、シミの奥に肌が赤みを持っている方が多くいらっしゃいます。この赤みが肝斑(かんぱん)又は、肝斑(かんぱん)発症の前兆の可能性があるということが最近の研究成果としてわかってきました。この研究成果に基づき、血液、さらに血液が流れてくるための通り道である毛細血管の治療が、肝斑(かんぱん)改善には重要となることを見出しました。そこで、血管が最も効率的に狙える治療器を探しました。世界中の治療器を探したところたった1機種、ヘモグロビン(赤い色素)をほぼ正確に狙えるレーザー治療器(デュアルイエローレーザー)を導入しました。メーカー担当者さんがおっしゃるには、この治療機は今現在日本では15台ほどしかなく、実質的に肝斑(かんぱん)治療に積極的に活用できている状況ではないいます。要はこの治療機だけでかんぱんを治せるわけではなく、一人ひとり異なるかんぱん症状や合併症の状態に合わせ、さまざまな治療機との組み合わせ(コンビネーション治療)と最適な機械セッティングの技術、むろん施術技術が必要となるからでしょう。私は研究成果の発表後からいち早くこれを肝斑(かんぱん)治療に応用しました。独自開発のフラッシュレーザー光線療法肝斑バージョンとしてコンビネーション治療に加えたこによりかんぱん改善治療において効果を確実なものにしたといっていいでしょう。

「しみ」「くすみ」という言葉は?

「しみ」「くすみ」という言葉は実は医学用語ではありません。一般的にさまざまな「色素斑」を示します。

「くすみ」とは表皮・角質のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)不全の状態といえます。

「しみ」「くすみ」は「しわ」「たるみ」と同様、お顔の皮膚の明暗=コントラストで、このコントラストのむらは老けた印象を与えることになります。

お顔の皮膚の明暗であるこのコントラストの改善には、フラッシュ光線療法がもっとも優れた効果を出せるといえます。

つまり、「しみ」「くすみ」へは私が行うIフラッシュ光線で積極的な治療アプローチが可能であり、rejuvenation(若返り)を目的とするにはI2PLフラッシュ光線療法が有効ということですね。

 

 

【しみ・そばかす】 医学博士 Dr.とねがわフラッシュ光線治療

【かんぱん・しみ・そばかす】

 医学博士 Dr.とねがわ(利根川均)フラッシュ光線療法症例  男性○芳野さん501.gif

 

しみとは

しみとは

シミとは医学的には老人性色素班、日光黒子と言われます。

皮膚の老化、紫外線による刺激によって、メラノサイト(色素細胞)がメラニン(シミの元)を量産し、それを新陳代謝で裁ききれなくなった結果、皮膚に残ったメラニンがシミとなるわけです。

しみの治療は

1.Qスイッチレーザー
2.IPL系の光線治療
3.トレチノイン(ビタミンA軟膏)、ハイドロキノン
が、主なものですが

1はダウンタイムがあります。また、リバウンド(かえって黒味を増す)の恐れがあります

3は赤くなり、皮膚炎を起こす可能性が高い等の問題があります。

私はもっぽら2の
I2PL IPL などのフラッシュ光線系の治療器を使って、しみ治療をしています。

このような単発のシミは、I2PLで部分的にある程度強くフラッシュ照射しますと、かさぶたも作ることなしに、キレイにしみが取れます。
しみ1


これも単発のしみ、日光黒子です。I2PLフラッシュ光線治療できれいに取れました。
しみ2


いわゆる老人性色素班というシミです。

I2PLフラッシュレーザー光線療法で5か月程で消えました。
しみ3


写真では解りにくいですが、目の下〜ほほにかけての、うすいシミの方です。まだ28歳と若いですが、シミが増えてきたとことを気にして、高輪美肌、皮膚科・形成外科クリニックを受診されました。うすいしみは治しやすいと皆さん勘違いされていますが、まったく逆で、うすいシミほど消しづらい、治療しづらいのです。レーザー治療はかえって濃くなってしまうタイプのシミですので、注意が必要です。フラッシュ治療で徐々に治療、うすくしていくのが望ましいのです。
しみ6


年齢を重ねますと、顔中に細かいしみができてきて、全体的にくすんだ肌になり、大きなシミ、小さなシミが混在するようになります。もはや、化粧品で対応できない状態ですね。このようなお顔全体のシミにはレーザー治療より、フラッシュレーザ光線治療、I2PL+が威力を発揮します。
しみ7


大きなシミと小さなシミが混在した状態です。一般的にシミはひとつではなくこのように多発することが多いですね。このような皮膚全体のシミにはフラッシュ光線(I2PL IPL)が最もいい適応です。顔全体に治療することにより、選択的にシミが消えますし、肌の状態が良くなり、美肌、美白になります。
しみ5


この方は、黒皮症といって、顔全体が黒くなってしまった症例です。
長年顔に炎症があると(化粧品かぶれや、クレンジングでこすることによって)このように、顔全体が黒くなってしまいます。I2PLフラッシュ光線レーザーできれいに治療できました。
しみ4


このように顔全体に、シミが多発しているタイプの方はわりと多いですね。こういった方に治療は、レーザーでは追いつきませんし、ダウンタイムがひどすぎて、日常生活に差しさわりがあります。
フラッシュレーザーの最もいい適応です。
しみ8



サイトトップへ

▲このページのトップに戻る