活性酸素がシワシミの原因に!

空気中の酸素は安定した状態にありますが、一旦呼吸によって体内に取り込まれると、細胞内でのエネルギー生産の過程で発生する電子を受け取り不安定な状態、すなわち活性酸素やフリーラジカルとなります。活性酸素は安定しようとして細胞膜などから電子を奪い取り、細胞の機能に障害を与えます。つまり、身体を酸化(サビ)させるということです。

とはいっても人間の身体は活性酸素に対し防備機能を備えています。それはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やカタラーゼといわれる酵素で、活性酸素を撃退する役目を果たします。ところが、体内での酵素は30代を過ぎると次第に減り続け40代になると半分にまで減少するといわれます。これまでお話してきたように活性酸素は肌に様々なトラブルを発生させます。体の中でも肌は紫外線にさらされるため活性酸素が発生しやすいのです。

活性酸素から攻撃を受けた細胞が酸化され身体がサビます。この過程で過酸化脂質が生成されます。肌が酸化されて過酸化脂質になると、これらの刺激で皮膚にかゆみを生じさせ、ひどい場合はかぶれの原因となります。また、角質細胞間脂質が酸化する乾燥肌や肌荒れになりやすく、細胞膜を構成する脂質が酸化されると細胞の新陳代謝が乱れ適正なターンオーバーが阻害されます。これらの障害によりシミ、・そばかすなどの色素沈着やシワを発生させ、ニキビやかぶれなどの炎症を引き起こすのです。

シミくすみを寄せ付けない美肌習慣の基本!肌の老化を防止する食事!

シミ、くすみ、色素沈着、しわ、たるみ、ニキビ、赤ら顔、かんぱんなどなど、当高輪スキンクリニックにお越しになる患者さんの主訴である肌トラブルのほとんどは肌老化の影響を受けています。活性酸素により皮膚細胞が攻撃され大きなダメージを受けます。活性酸素が脂質を酸化させ肌を老化へと導くのです。(過酸化脂質が皮膚細胞を錆びさせ肌老化を促進するのです)。そんな活性酸素マイナススパイラル肌習慣に陥ってはいけません。やはりその前に対策を講じたいものです。自分でできる手軽な対策その1としてはなんといっても食事。成人は通常一日2〜3回の食事を摂ります。つまり一日2〜3回、生命維持のためにエネルギーを補給しているのですが、このエネルギー補給の際に活性酸素の過剰生産を防ぎ肌老化を防ぐための栄養補給を心がけることをおすすめします。抗酸化物質補給は肌のアンチエイジングにつながり、若々しく皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を最適方向に戻しつつ、シミくすみのものとである色素細胞メラニンが皮膚深部での居座り(色素沈着)を防ぎます。透明感のある美しい肌は毎日の食事からもよみがえってくるのです。 


<活性酸素マイナススパイラル習慣脱出のための成分・・・抗酸化能力を高める食品の一例> 


@ 抗酸化ビタミン系・・・ベータカロチン・ビタミンC・ビタミンE

・トマト・レモン・ニンジン・ブロッコリー・キャベツ・ アーモンド・納豆・いちご
★抗酸化物質は互いに作用し合いながら吸収され活性酸素をやっつけますので一緒に摂ると相乗効果を発揮します。



Aポリフェノール系・・・ポリフェノールとは植物が光合成によって作り出す糖分の一部が変化したもので約300種類が存在する。

 ○カテキン・・・紅茶・緑茶・烏龍茶・ほうじ茶・ココア・チョコレート
 ○アントシアニン・・・赤ワイン・ブルーベリー・ナス・赤紫蘇・さつまいも・ぶどう
 ○イソフラボン・・・納豆・豆腐・大豆食品 

 ○レスベラトロール・・・赤ワイン・ぶどう果皮

 ○ ショウガオール・・・生姜 ○タンニン・・・ワイン・お茶系

 ○カカオマスポリフェノール・・・チョコレート・ココア

○ルチン・・・蕎麦 ○エラグ酸・・・いちご・ラズベリー・ザクロ・りんご


★ポリフェノールの抗酸化作用の働きは大きい。活性酸素を撃退し肌老化を防止する。ポリフェノールは食材の色の濃い部分に多く含まれる。(茶葉、さつまいもやぶどうの皮など)

★お茶系のカテキンはポリフェノールの一種で、お茶の渋みに含まれている。カテキンはコレスレロールを下げたり、血圧や血糖値の上昇を抑える効果もある。但し麦茶にはカテキンは含まれてない。

★アントシアニンは強力な抗酸化作用をもつ。眼精疲労や視力回復にもいいとされる。
★イソフラボンも血中スレロール値を下げる。更年期障害緩和や骨粗鬆症予防改善に良いとされる。

★ショウガオールは血行改善、身体の冷えを改善、抗菌作用、めまい吐き気改善もの良いとされる。
★エラグ酸はメラニン色素生成を抑制する。

★レスベラトロールは長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)活性化により抗老化の効果ありとの研究結果も。


Bミネラル系・・・ミネラルは抗酸化酵素の働きを補助し抗酸化効果を活性化させる。(補酵素)


○亜鉛 ○セレン ○鉄 ○銅 ○マンガン

・イワシ・牡蠣・カニ・小魚・海苔・ワカメ・ごま・ソラ豆

★亜鉛・セレン・鉄・銅・マンガンなどのミネラルは高酸化酵素のスーパーオキシドディズムターゼ(SOD)、グルタチオンペルオキシダーゼ、タカラーゼの働きを助ける補酵素として活躍する。

美肌をめざすために!活性酸素の発生を抑える日常生活のススメ

美しい肌を維持または目指すなら、お化粧品だけに頼る訳にはいきません。なんといっても普段の生活習慣が大切です。では、綺麗な肌、美しい肌のためにはどんな生活習慣がいいのでしょうか。今回は肌老化を促進する活性酸素を抑える生活習慣を考えてみたいと思います。
そもそも人間は酸素がなければ生きていけない動物です。しかしながら余計な酸素は水に還元されず過剰な活性酸素の生成につながります。過剰な活性酸素はなぜいけないかというと、体内の脂質と結びついて酸化が起こってしまうからなんです。酸化した脂質は細胞を巻き込み細胞を酸化します。つまり細胞が錆び付いてしまうのです。細胞の錆び付きは細胞の老化ですから、過剰な活性酸素の働きは身体のあちこちで老化のスピードをアップさせてしまうのです。当然皮膚細胞も老化の影響を受けますから、様々な肌のお悩みが増えてくることになります。シミくすみは代表的な例で、シワやたるみ、皮脂の酸化による脂漏的皮膚炎の発症や赤ら顔、毛穴に詰まった皮脂成分が酸化され毛穴開大にもつながります。活性酸素は身体的な疲れの原因であるとの最近の研究結果もあり、やはり肌トラブルを防ぐためにも過剰な活性酸素の発生は防ぎたいものです。

<活性酸素の過剰な生成を抑える抗酸化抗老化生活習慣>がこれまでの研究で明らかになってきていますので一例を明記してみます。 
・十分な睡眠をとる

・適度な運動(激しい運動は活性酸素の過剰産生につながりやすいので避けたほうが無難)

・紫外線カット

・ストレスをためない(イライラやくよくよせず穏やかに楽しく暮らす)

・リラックスできる環境での軽い運動を心がける(マイナスイオンたっぷりの森林浴がおすすめ)

・排気ガスや工場などから出る煙が多い環境は避ける。

・肥満、メタボにならないような食習慣(ビタミンやタンパク質摂取を心がける)

・タバコは避け大量の飲酒習慣も避ける。(抗酸化物質のビタミンCや糖分分解などの働きをもつビタミンB1その他ビタミンB群などが不足する。脂漏や皮脂詰まりにもつながる。)
・スナック類、インスタント食品などで油を使った加工食品はでるだけ避ける。
(食べる場合は賞味期限内でもできるだけ早めに消費する。開封後の取り置きは避けたい)

・揚げ物の調理の際には古い油は避ける。出来上がり後時間の経った揚げ物は避ける。(酸化油脂は摂取しない)
・パソコンやスマートホンなどの電子機器から発生する電磁波に注意する。

・風邪その他のウイルス感染に気をつける。

・ティータイムには煎茶、紅茶、ウーロン茶がいい(抗酸化物質のカテキンを摂る)

・ココアやチョコレートにも抗酸化物質のポリフェノールが含まれるが大量摂取は糖分のとりすぎにつながり肥満の原因になるので注意する。

・アルコールを摂るときはポリフェノールを含んだ赤ワインがおすすめ(糖分も多いのでやはり大量摂取は避ける)

・ビタミンC、、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンやベータカロチンを含んだ緑黄色野菜を食べる

 

いかがですか。普段の生活の中で心当たりがありませんか?ちょっとした生活習慣の改善でのちのち大きなさが出てきます。いつまでも綺麗な肌美しい肌を保つためには、少しづつでもいいので、こういった抗酸化抗老化生活習慣に気をつかってみるといいですね。

しみ・くすみ・色素沈着の予防に貢献する食生活を!抗酸化物質摂取を意識する。

しみ、くすみ、色素沈着の原因として肌老化の影響があることはこれまでにもお話してきましたが、酸素がその肌老化の原因の一つということは結構知られていません。人間は呼吸して酸素を取り入れていますが、体内に取り入れられたこの酸素が食物から得た栄養を燃やし生命維持のためのエネルギーを作っています。体内に取り入れられてた酸素の大半は水に還元されますが、一部完全に水に還元されないまま中途半端な状態で残ってしまう酸素があります。これを活性酸素といいます。

酸素といっても活性酸素は決して良い働きだけをするのではなく、人体に様々な悪い影響を及ぼします。活性酸素は細胞を酸化させ肌を錆びさせると同時に細胞組織を攻撃し疲労老化させてしまうのです。ちょうど鉄が錆びると鉄本来の性質が変化してしまう現象と同様で、肌の性質をも変化させてしまいます。鉄の表面から内部まで侵食されてしまうように、サビは肌をも侵食していきます。すなわち、サビの元である活性酸素は肌にとっては天敵であり、肌の老化を促進するやっかいなものなんです。

このよに活性酸素は身体や肌の細胞膜を攻撃しサビさせてしまいます。このサビのことを過酸化脂質といいいます。過酸化脂質はサビが広がるように連鎖的に皮膚周囲に広がり皮膚細胞を酸化させジワシワとむしばんでいきます。こういった細胞レベルでのダメージが肌の老化へとつながっていくのです。活性酸素によるサビつまり過酸化脂質は肌の老化だけにおさまらず、やがてその酸化ダメージは臓器や組織にいたり、ガンや動脈硬化につながる可能性を秘めている恐ろしいものなのです。ご存知のとおり動脈硬化は心臓疾患や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病、アレルギー性疾患など様々な病気と密接に関連していることが知られておりますよね。健康面から考えてもやはり身体や肌を錆びさせないようにしなければなりません。

さらに肌トラブルのほとんどには活性酸素が関与していることが知られており、しわ、しみ、たるみ、がぶれ、ニキビの悪化など、その範囲は実に広範囲で、美容・美肌という観点からも抗酸化対策は避けて通ることができないケアといっても過言ではありません。次回以降の記事でもときより抗酸化対策にもふれてみたいと思います。

私たちが普段の生活の中で気をつけたいこととしては、しみ・くすみ・色素沈着、しわ、たるみなどの予防に貢献する抗酸化物質の摂取を意識した食生活や抗酸化対策のスキンケアを習慣化したいということですね。

色素沈着肌しみくすみ防止は過剰なスキンケアは避け、美肌スキンケアのポイントを押さえておく。

皮膚は外からの刺激や衝撃、アレルゲンや細菌の侵入などから人間の体を守る大切な役割を果たしています。つまり私たちの体を外敵から守ってくれるバリヤといっていいでしょう。一方、美肌という観点から考えてみると皮膚は先の美肌の条件にあったように、透明感がありキメが整っている肌、なおかつみずみずしく潤いがあり、なめらかで艷やかな肌である(=美しい)必要がありますから、私たちが求めたい肌は”強くて美しいバリア”といことになります。

実は私たち人間はもともと”強くて美しいバリア”である皮膚をもって生まれてきます。しかしながら、成長過程において様々な外敵からの攻撃によりこのバリアが破壊されていきます。その結果として、皮膚の老化が早まり様々な肌トラブルが発生します。

驚くことに、よく観察してみるとこの攻撃と破壊の原因は、良いと思っているスキンケアが実は間違っていることがなんとい多いことかに気付かされます。つまりは自分で自分の肌を攻撃していることさえあるということです。過剰ケアがその最たるものです。そこで、強くて美しいバリアである肌とはどんなものかを基礎知識としてを掴んでおきましょう。

強くて美しいバリアである美肌のポイントは3つ。水分保持機能と皮脂分泌機能、そしてなんといっても肌代謝機能です。水分保持機能とはシワを防ぐためにみなさんが日夜努力されている「乾燥」を防ぐための保湿機能です。そして二番目は意外と認識されてない皮脂分泌機能。これも保湿機能ですが紫外線による皮膚の光老化やホルモンバランスにより影響をすけやすいのがこの機能。ただし皮脂は過剰分しすぎるとニキビや脂漏性皮膚炎、赤ら顔の原因になったりしますから多すぎても少なすぎてもよくありません。健康的な肌はこの機能がちょうど良いバランスで働いています。そして最後に健康的な肌といえば代謝機能(ターンオーバー)です。皮膚の老化=肌代謝機能の低下、といってもいいほど肌代謝機能が低下するとくすみシミを筆頭にかんぱんや色素沈着などの様々なスキントラブルを発生しやすくなります。
まとめますと、強くて美しいバリアである美肌の基本機能の3つのポイントは

@ 水分保持機能(NMF:天然保湿成分の潤沢な働き)

A皮脂分泌機能(角質細胞間脂質:水分の蒸発を防ぐ)

B代謝機能(肌の健康バランスを保つ:抗酸化による老化防止、透明感維持、自己排出機能によるシミくすみ防止、細胞活性維持、炎症防止、整った角質、角質堆積によるすくみ防止、シロチナーゼ活性制御によるメラニン生成抑制など多数)
これら3つの基本機能の働きを活性化し維持することが美肌スキンケアの基本といっていいでしょう。 

過剰なスキンケアとは、これら基本機能の働きを低下させてしまうスキンケアのことをいいますから、まずはこの機能をしっかり押さえ、どんなスキンケアが良くて何がいけないのかを判断できるようにしたいものです。

5つの美肌条件

さて私たちは何をもって美肌といているのでしょうか。20代〜50代の女性約500名に「美肌のイメージ」に関するアンケート結果がありますので、10位までを紹介してみましょう。

1位・・・透き通るような肌

2位・・・しっとりとしている肌

3位・・・くすみがない肌

4位・・・キメが細かい肌

5位・・・キメの整った肌

6位・・・若々しい肌

7位・・・なめらかな肌

8位・・・すべすべした肌

9位・・・透明感がある肌

10位・・・みずみずしい肌

となっています。

これらの美肌のイメージに関するアンケート調査の結果の中にはある程度重複する内容も含まれていますので、同様のグループにまとめてみると、例えば1位(透き通るような)3位(くすみがない)9位(透明感がある)は「透明感がある肌」というのが美肌のイメージの一つ目といっていいでしょう。

同様にまとめてみると、「キメが整っている肌」、「うるおいがある肌」、「なめらかな肌」、「つややかな肌」といった美肌のイメージが浮かび上がります。

つまり、このアンケート結果から女性が考える美肌のイメージは、

@透明感があり

Aキメが整っていて

Bうるおいがあり

Cなめらかで

Dつややかな肌

ということになります。ご自身のイメージはいかがでしょうか。おおよそうなずけるのではないでしょうか。
いつまでも若くありたいという願いはいつまでも消えることはないでしょう。さて私たちはこれら「5つの美肌の条件」を維持、または手に入れるためにはどうしたらよいのかをしっかり理解していく必要があると言えます。情報が氾濫する世の中になりましたが、最近騒がれている美肌化粧品にみられる「白斑」の問題のように、氾濫する情報を鵜呑みにしたことによる被害者にならないよう、
自身がしっかり美肌というものをとらえ、間違えのない正しいスキンケアを行うことが重要な時代といっていいでしょう。

ニキビ・脂性・脂漏性皮膚炎の処方内服薬

 ニキビ・脂性・脂漏性皮膚炎を発症しているときは内服薬としてフラビタン(ビタミンB2製剤)を処方します。

ビタミンB2は体内で,炭水化物,脂肪,タンパクの代謝に欠かせません。不足すると粘膜に炎症を起こし,口角炎,舌炎,角膜炎などの皮膚疾患にかかります。この薬は,食事からの摂取が不十分だったり,体内でのビタミンB2の代謝が悪くなったりしてビタミンB2が不足している場合の補給に用いられます。

内服では尿が黄色くなることがありますが,心配ありません。

一般名:フラビンアデニンジヌクレオチド錠 

種別:ビタミンB2製剤

ニキビフラビタン.jpg

ニキビ・ニキビ跡・肌質改善治療 高輪美肌Dr.とねがわのサイトトップへ

脂性(あぶらしょう)とは?

脂性とは

ベタベタ肌に悩んでいませんか?

「お昼間になると、お顔がテカテカしてくる…」

「お顔が油っぽくて、何となくうっとうしい…」


などの症状は、ありませんか?

これは、ベタベタの原因である皮脂が、高い気温の影響を受けたことで起こっています。


≪ベタベタ肌は、こうして起こる!≫

気温が高くなる

皮脂が柔らかくなって、毛のうから流出しやすくなる。

皮脂の分泌量が増加

★ 何となく油っぽい肌になる
★ お昼になるとテカってしまう
★ 化粧崩れがしやすくなる
★ ニキビができる

こんな油肌に欠かせないものと言えば…「油とり紙」ですよね。

「油とり紙でこまめにとってるから、皮脂のコントロールはバッチリ!」 と思っていませんか?
これは、大きな間違い!かえってトラブルのもとになっていることも多いんです。


●油とり紙はお肌のバリヤ機能を壊す!?

 紙に油がつくと半透明から透明に変わる油とり紙。油とり紙の表面をすべて透明にした時って、すっきり感と達成感があり、やめられませんよね。お気に入りの油とり紙をたくさん買い込んで、時間を見つけては、ペタッ。あぁ、スッキリ〜。

でも、考えてみて下さい。

使用する枚数が増えていませんか?ベタつきが強くなっていませんか?
これは、油とり紙によって引き起こされる現象です。

皮脂は、お肌を外部の刺激から守るバリヤです。
油とり紙で取り過ぎてしまうと、お肌を守ろうとさらにたくさんの皮脂が分泌されていまいます。
皮脂というバリヤ機能を失い、汚れだけが残ったお肌に、化粧や日焼け止めを何度も重ねづけする…トラブルが起こって当然とも言えますね。

さらに、油とり紙を顔に密着させる時の力。結構、肌に負担をかけているんです。お肌が擦れた状態になっていることも…。

ちょっぴり勇気はいるけれど、油とり紙の使用を1週間だけ控えてみましょう。
油とり紙いらずのお肌に変身しているはずですよ!


●油とり紙より効果的なケア方法

どうしても気になる時は

 ・ティッシュで軽く抑える(擦らないこと!)
 ・ミネラルウォーターや浄水でコットンを濡らし、軽く抑える
  という方法を試してみましょう。
                   
油とり紙よりも効果的です。



皮脂の分泌が活発で、
<ベタベタ状態が強い>
<化粧崩れがひどい>ときは、
皮脂分泌をコントロールできない=『体の調子』が乱れている証拠です。

◇冷飲食が好き
◇油っぽい食事、刺激物、甘いもの、飲酒が多い
◇睡眠不足
◇性生活の乱れ
◇野菜をあまり食べない
◇ストレスを感じる
◇体温調節がうまくできない

などの症状があるときは、要注意です。

皮脂のコントロールは、お肌の表面だけでできることではありません。夏のベタベタ肌は、あなたの生活環境や生活スタイルも大きく影響しているのです。皮脂をコントロールするスキンケアと同時に、食事や生活の見直しもしていきましょうね。
▲このページのトップに戻る