富山空港からと、長野県からの患者さん

本日は富山空港から、かんぱん、そばかすで月に一度通う患者さんと、長野県から通う患者さんがお越しになりました。
かんぱん、シミ、そばかすをはじめとするDr,とねがわの美肌専門クリニックは、開院日のほぼ毎日と言って良いほど、関東以外のから新幹線や飛行機を利用しての患者さんが多くお越しになります。
富山空港からは約1時間だそうで 11時羽田空港着便だと1万円だそうで、毎回美味しそうなランチを見つけては食べ歩きした後に治療。治療後には買い物を楽しんで20時の便で戻るそうです。「空港の駐車場は広大でしかも無料なので、来やすいし肌は調子よくなってきたし、毎回来るのが楽しみ!!」とおっしゃっておりました。 
長野県からの「しみ、たるみ治療」で通う患者さんも本日で6回目の通院。「たるみ治療の効果もスッゴイわかります」と首の色と同じくらいに白くなった肌でお喜びでした。次回は経過観察ですね。お待ちしてます。ご主人にもよろしくお伝え下さいね。 
しみ、たるみ治療の高輪美肌より

かんぱん治療  30代女性Yさん(モニターさん)の5回目の治療後 本日インタビューしました。

100130iかんぱんかんぱん左側.gif

 

かんぱん治療  東京都在住30代女性Yさん(モニターさん)の5回目の治療後 

本日インタビューしました。

 

治療前のお悩み:しみ、肝斑(かんぱん)

治療内容:Dr.とねがわI2PLフラッシュ光線レーザー療法かんぱん治療

治療期間:8か月

治療回数:5回1クール

 

ご覧頂くとお分かりのとおり、増え続ける肌のお悩みであった、しみ、かんぱんが、どなたが見てもとてもきれいになました。

ご本人も大変お喜びでした。

インタビューの様子をご覧いただけます。

 

 

【本日の美肌治療】大阪からのアトピー性皮膚炎の色素沈着治療の美肌治療の患者さん

先ほど大阪からのアトピー性皮膚炎の色素沈着治療の美肌治療の患者さんの治療を終えました。
治療部位は首、デコルテ、ひじの内側です。23歳の女性で中学生の頃からアトピー性皮膚炎が発症し、特に首、デコルテ、ひじの内側の肌が色素沈着してしまったことにお悩みで来院されました。
本日でDrとねがわによるI2PLフラッシュ光線治療4回目ですが、首中央部はまだ沈着が残るものの、だいぶ目立たなく肌がなめらかになってきました。
ご本人もその効果を実感され、「がんばって来ます」と喜んでいました。
約15分の治療後はヒリヒリと熱感が残るので通常はしばらくアイスパックで冷却するのですが、帰りの新幹線のご予約が迫っており、5分程度の冷却のみで品川駅に急がれました。
新幹線に乗るまでに15分、急げば10分で乗れますので、きっと間に合ったことでしょう。
次回の治療は1月の予定です。

アトピー性皮膚炎の色素沈着治療 Dr,とねがわのスキンクリニック 高輪美肌クリニック TOPページへ

肝班(かんぱん・肝ぱん)は肝臓の病気?

肝班(かんぱん)は肝臓の病気?

肝班(かんぱん)というと肝臓が悪くてできるシミと勘違いされる方がいますが、実はまったく関係ありません。

肝臓が悪いと確かに顔が黒くなることがありますが、これはまた別の話です。

ビリルビンという血液成分が肝不全になると増えます、それで顔が黒くなるのです。ですがこれはシミではありません。ただ黒く見えるだけで、肝臓が治ってビリルビンが下がれば黒くなった顔色が元のようにもどります。

ではなぜ肝斑(かんぱん)なんて紛らわしい名前なのでしょうか? 

一説によると肝臓の色(茶色)に肝斑の色が似ているから、肝臓みたいな色をした斑点ということで肝班と呼ばれるようになったということです。

実際の肝臓の色は薄茶色というより濃い茶色なんですが、まあ確かに似ていなくはありませんね。 いずれにしても肝斑は内臓の病気とは関係はないのです。

肝斑(かんぱん)は女性ホルモンやストレスが原因であるとされています。 ストレスをためないようにすることも大切ですね。

 

 

「甲板」ではありません。シミの「かんぱん」とは「肝斑」と書きます。

シミ治療 まめ知識


シミの「かんぱん」とは正式には「肝斑」と書きます。「甲板」や「乾パン」または「カンパン」などと思われるかたも多いようですが正解は「肝斑」です。
しかし、このように表記がわからなくでも当然かもしれませんね。専門医ならともかく、肝斑(かんぱん)とは2〜3年ほど前までは聞いたことがなかった方がほとんどではないでしょうか。

一般の方は「頬骨のシミ」とか「濃いくすみ」などと表現されてきたようですが、この「頬骨のシミ」や「濃いくすみ」が実は肝斑(かんぱん)であったというケースがなんと多いことでしょう。
シミ・肝斑(かんぱん)治療を中心とする当クリニックを受診される患者さまの中でもご自分が肝斑(かんぱん)と気が付いていない方も意外と多いんですよ。 Dr.とねがわの肌診断を受けられて初めてシミ・肝斑(かんぱん)であることをお知りになる方が多くいらっしゃるということなんです。

そういった患者さまは、次第と黒味を増す肌の色に悩まされ「以前はこんな肌の色ではなかったんです」とおっしゃる患者さんがほとんどです。

でも大丈夫です。そのようにお悩みの方でも一歩踏み込んでシミ・肝斑(かんぱん)治療を開始される方の多くは、それまでの悩みを忘れてしまったようにニコニコしながらお越しになるよう次第に変化されます。

「治療のたびにシミが薄くなり肌が白くなっていくのでほんとに嬉しい」という患者さまのご意見やご様子をうかがったり拝見すると、私たちも大変うれしい気持ちになります。

一人でも多くの方がシミ・肝斑(かんぱん)の悩みから解放されますように!私たちはシミ・肝斑(かんぱん)に積極的に立ち向かいます。


Dr.とねがわのシミ・肝斑(かんぱん)治療 甲板ではなくシミ・肝斑(かんぱん)です。かんぱんとは

【Drとねがわ かんぱん治療】予約受付ができるようになりました。

大変お待たせいたしました。
予約殺到に付き長期にわたり初めての方の「Dr.とねがわ肝斑(かんぱん)治療」ご予約受付を中断しておりましたが、このほど人数限定で受付できるようになりました。
「Dr.とねがわ肝斑(かんぱん)治療」ご予約受付中断の期間中は、たいへんご迷惑をおかけいたしました。多くの方から予約希望のご連絡を頂戴したにも関わらずご要望にお応えできず申し訳ございませんでした。
人数限定ではありますがご予約を受け付けます。ご希望の方は、こちらの予約フォームよりお申し込みください。

 

 

Dr.とねがわの肝斑(かんぱん)治療 かんぱんとは

▲このページのトップに戻る