肝斑(かんぱん)予防

肝斑(かんぱん・肝ぱん)は圧倒的に女性に多く主に顔面に生じます。ほぼ左右対称性で
境界がはっきりした色素沈着を示します。
初発年齢は思春期以降で20歳代後半から40歳頃が最も一般的です。妊娠に伴って生じ出産後薄くなることも多いようです。

肝斑(かんぱん・肝ぱん)は紫外線を浴びることによって増悪しますが、その反面紫外線量

の少ない冬になるとある程度自然に寛解します。日本人の皮膚は肝斑ができや すく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいので注意が必要です。また経口避妊 薬を服用している女性の顔面には肝斑が非常によくできます。原因はいまだ不 明ですが、女性ホルモンのプロゲステロンの値が肝斑のできやすい患者さんで は高いようですのでこの辺りが原因ではないかと言われています。しかし増悪 因子として紫外線が大変悪影響を及ぼすことも事実ですので紫外線防御、つまり日焼け対策を万全に行うことが不可欠ですね。

肝斑(かんぱん・肝ぱん)・シミ治療と薬の関係 @

効率のよい美白効果を求めるなら飲み薬の力は見逃せません。シミが発生しているのは皮膚の表皮という部分。顔の表皮はわずか0.1〜0.3ミリという厚さながら、4層に分かれていて、肝斑(かんぱん・肝ぱん)の原因であるメラニンを作り出すメラノサイトはその最下層である基底層に存在しています。つまり、シミを元から絶つにはフラッシュレーザー光線と有効成分をお肌の奥まで届ける必要があるということです。

フラッシュレーザー光線は波長や強さなどの各自に合った微妙な調整で肌の奥底に潜んだ肝斑(かんぱん・肝ぱん)の原因であるメラニンを分解することができますが、薬の併用も治療効果を上げるための治療法です。

しかしながら、表皮のもっとも外側の角質層にはお肌を守るためのバリア機能が備わっていて、塗って作用を届けるにはこのバリアをかいくぐらなければなりません。そう考えると、塗るだけではどうしても力不足となります。そこで、飲み薬の登場です。

顔の皮膚は筋肉も多く毛細血管が非常に発達しています。血液にのって効果を発揮する飲み薬であれば、お肌の中まで有効成分を届けることができるのです。特に、肝斑(かんぱん・肝ぱん)の治療にはトラネキサム酸の飲み薬が効き目を発揮します。美肌を保つには、私が開発したフラッシュレーザー光線治療にあわせ、「飲む」+「塗る」のトリプルが効果的です。内と外、両方から働きかけて、肝斑(かんぱん・肝ぱん)とおさらばしましょう。


肝斑(肝ぱん・かんぱん)治療 医学博士 Dr.とねがわのサイトトップへ

肝斑(かんぱん・肝ぱん)・シミ治療と薬の関係 A

肝斑(かんぱん・肝ぱん)・シミ治療には、フラッシュ光線、レーザー治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などいろいろな方法があます。そのシミの種類に適した治療を行うことが何よりも重要です。

私はある種の肝斑(かんぱん・肝ぱん)の治療の際にはフラッシュレーザー光線の治療をベースに、トラネキサム酸とビタミンCの服用で、すばらしい効果を得ています。現在、これにトラネキサム酸美白外用剤を組み合わせて治療を行うこともあります。



肝斑(肝ぱん・かんぱん)治療 医学博士 Dr.とねがわのサイトトップへ

ストレスと肝斑(肝ぱん・かんぱん)の関係

ストレスによって起こるカラダの病気、ココロの不調は、高血圧などさまざまな生活習慣病、胃痛に便秘、うつなど結果的にストレス太りをしてしまうことも。

実は、シミもストレスが原因となって発生したり、悪化したりすることがあるのです。まさに、ストレスは健康な美しさを求める女性の敵。

メラニンを作り出すのは表皮にあるメラノサイトという細胞。メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受け、肝斑(肝ぱん)を含むシミの原因となるメラニンを産生します。

そのホルモンの分泌を大きく左右するのが、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどです。

肝斑(肝ぱん)、しみの無い美肌の為に、毎日のケアは大切ですが、生活リズムを整えること、リラクゼーションタイムを設けリラックスすること、睡眠時間を十分に取るなど、ストレスはこまめに解消するように心がけましょう。シミの予防とケアには、ストレスフリーでいましょうね。



肝斑(肝ぱん・かんぱん)治療 医学博士 Dr.とねがわのサイトトップへ

シミってなに?

シミってなに? と聞いて知らない人はいないと思います。顔や手の甲、背中などにできる褐色の斑状のものですね。

特に顔にできるシミには女性は敏感なはず。

しかし、専門家によるとシミとはメラニンが多く作り出されている状態を指す総称であって、厳密にはいくつかの種類があります。

シミの中で、もっとも一般的に思いおこすのが日光性黒子(老人性色素斑)という、紫外線が原因でおこる色素斑でしょう。

色の濃い円形のシミは、お化粧で隠すのもひと苦労。また、小さな斑点が広がるソバカス(雀卵斑)もシミの一種です。

そして、ちょっと聞きなれない人もいるかもしれませんが、「肝斑(かんぱん)」もそのひとつです。

このほか、ソバカスより少し大きめのまるい色素沈着が両ほほなどにできる、対称性真皮メラノサイトーシスと呼ばれるシミなどもあります。

このようにシミにはいくつかの種類があること、しかも種類によって原因や対処のしかたが違ってくることは意外に知られていないようです。

見当違いの治療だけは避けたいですね。よく見れば、色や形が微妙に異なるシミ。まずは自分を悩ませるシミの種類を知っておくことがよいでしょう。

肝斑(肝ぱん・かんぱん)治療 医学博士 Dr.とねがわのサイトトップへ
▲このページのトップに戻る