毛穴の開き ニキビ跡 改善治療 フラッシュ光線レーザー療法毛穴バーションで治療する

【毛穴・ニキビ跡改善治療】フラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョンで治療する


美容医療の技術は日々進化し続けていますが、その大きな理由の1つがレーザー治療機器の進化です。 
  
以前のレーザー治療は「痛い」「顔が赤くなる」「治療後のアフターケアが面倒」などさまざまな欠点がありました。しかしレーザー治療器の進歩で、治療を行う部分のみに集中的に照射できるようになりました。 
 

私が毛穴治療、ニキビ跡治療の際にI2PLフラッシュ光線レーザー療法としてI2PLフラッシュ光線に組み合わせるその代表格がフラクショナルレーザー【アファームマルチプレクックス】です。ダウンタイムがほとんどないと言っていいくらい患者さんにとっては受けやすい治療です。

毛穴ニキビ跡治療症例高輪美肌.jpg
       before             after

毛穴の開き、肌の凸凹、ニキビ、ニキビ跡(アイスピック型、ローリング型、コックスカー型の混在)、しかも赤みまでが改善、張りも出てツヤツヤしてますね。これはI2PLフラッシュ光線レーザー療法アファームマフチプレックスを追加したコンビネーション治療の結果です。


アファームマルチプレックスは1440nm波長のレーザーを肌に直接照射し、表皮及び直下の真皮を活性・再生・入れ替えさせると同時に、1320nm波長をほぼ同時に出力し真皮深部のコラーゲン生成を促すため、肌の内側からの張りやタルミ毛穴の改善にも貢献することができる最新型のレーザー治療機器です。

CAPテクノロジー(Combined Apex Technology)という独自技術で照射密度がこれまでのフラクショナルレーザーよりも4〜8倍高くなったため、照射時間も以前より大幅に短縮し、肌への熱ダメージもより少なくなりました。 

毛穴ニキビ跡治療症例2高輪美肌.jpg

       before             after

 さらにアファームマルチプレックスは独自のクリーニングシステムを装備し、照射と同時にハンドピースからヒンヤリとした風が流れて熱を帯びた肌をクールダウンします。これにより今までのフラックショナルレーザーでは避けられなかった「痛み」という問題も大幅に軽減。麻酔が不要になっただけでなく、治療後も長時間熱を帯びて火照ったり赤くなったりする程度が低くなりました。もちろんパワーを上げれば上げるほど火照るし赤くなりますので、日常生活に支障がない範囲でパワー調整しながら治療を行うことが重要になります。

またアファームマルチプレックスは皮膚にジェルを塗る必要がなく、施術後長期間伴創膏を貼るなどの特別なケアも不要。治療が終われば冷却後にすぐにいつも通りにメイクができます。 


  【フラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョンの特徴】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■短時間で施術ができる
■ダウンタイムが短い
■傷や赤みが残らない 
■アフタートリートメント不要
■治療後すぐメイクができる 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毛穴の開き、肌の凸凹、ニキビ、ニキビ跡 赤みまでが改善 I2PLフラッシュ光線レーザー療法 Dr.とねがわサイトトップへ

毛穴の開き、ニキビ、ニキビ跡、クレーター治療 Dr.利根川 フラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョン

 フラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョンアファームマルチプレックスを追加したレーザーリサーフェイシング(皮膚の再生)治療は、皮膚の浅い部分にできた凹凸を改善する効果があり同時に肌の新陳代謝(ターンオーバー)を改善。初期のエイジングケアに非常にも適しています。

また最も注目すべき点は、今まで治療が難しいと言われてきた毛穴・ニキビ跡・クレーターの治療にこれまでにない高い効果を発揮することろでしょう。

 

皮脂の分泌が多くニキビができやすい方のニキビ、ニキビ跡、毛穴の開き、点在する小さめのクレーター治療の症例写真です。

 

ニキビ毛穴改善治療高輪美肌.jpg

 

ニキビの改善も特徴的なのがこの症例です。また通常、このように皮脂の分泌が多い方は脂漏性皮膚炎をおこしやすく、肌が赤らみを持つ傾向にあります。I2PLフラッシュ光線レーザー療法ではこのようなうっすらと赤らんだ脂性肌の改善、脂漏性皮膚炎から赤ら顔化した肌にも対応できます。もちろん、ニキビができにくくなったと同時に毛穴の開きも改善。気になっていたという小さなクレーターも改善しましたね。ご本人もとてもお喜びでした。

 

もう一例ご紹介します。毛穴+脂漏による赤ら顔の治療途中の症例です。

 毛穴赤ら顔改善治療高輪美肌.jpg

 

ご覧の通り、大量の皮脂分泌による炎症を繰り返し赤くなっていたお顔の肌のキメも毛穴も改善し自然な白さがよみがえってきました。この方は写真では改善が見えるのですが治療6回目まではほとんど実感がなく「不安だ」とおっしゃっていました。ところが7回目の治療が終わった後で急激な毛穴改善を実感。「肌がすごくスベスベする」というではないですか。やっと大きな実感があったということで、終始ニコニコ、お喜びの様子となりました。

でも実は、まだまだキレイになっていきます。もっとなめらかにツルルンとした「もちもちの肌」になってくることでしょう。楽しみですね。

 

最後に毛穴、ニキビ跡治療の必要回数と実感の関係に少しふれておきます。これまでの統計で見ると、患者さんご本人の毛穴、ニキビ跡改善の実感はやはり治療回数に比例しており、しかも毛穴の開きが大きいほど前半では分かりにくく5回を過ぎて10回に近づくほど実感が増す傾向にあります。

まとめますと、毛穴・赤み・脂漏改善を期待する前提としては

@あせらず地道にしっかりと通院する

A腰を据えた治療

Bきちんと回数をこなす

これらが、毛穴改善へつながる道といえますね。

そうそう、クレンジングや洗顔でこすらない、過剰なケアーはしない、過度に刺激の強いお化粧はしないということもお忘れなく。

 

このお二人の毛穴赤らみ治療症例写真のように開いた毛穴治療ニキビ跡(クレーター)、凸凹、赤ら顔はDr.とねがわによるI2PLフラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョンで同時進行にて治療することが可能です。

 

同時進行ということは、結果的に効率が良くなるということで、つまるところ患者さんの時間や費用の投資を最小限にとどめることにつながります。よってここでもまたI2LPフラッシュ光線レーザー療法の優位点が明確になりましたね。

 

開いた毛穴治療、ニキビ跡(クレーター)、凸凹治療 I2PLフラッシュ光線レーザー療法毛穴バージョンの美肌専門医Dr.とねがわサイトトップへ

▲このページのトップに戻る